Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/jetfanbook/www/jetsite/admin/description.php on line 2
SPIRIT レビュー | 連杰迷的書 | 连杰迷的书

ページの先頭です。
ページの本文へ

ページの本文です。
ページの先頭へ

ジェット・リー主演映画のレビュー | SPIRIT

弁髪と長衣はジェット・リーのためにあるようなもの。

SPIRIT

製作
2006年/香港&アメリカ
ジェットの役
霍元甲(フォ・ユァンジア)/実在した武術家
あらすじ
武術に憧れるユァンジア(ジェット・リー)は、高名な武術家の父に教えを乞うが、病弱を理由に拒まれながらも独学で実力を磨き、やがて天津一の強さと多くの弟子を持つまでになり、愛する家族と共に幸せな日々を過ごしていた。
だが、強さからの傲慢で恨みを買い、報復で娘と母を殺されてしまう。
公開と失望の中彷徨い歩くうち、盲目の農民の娘ユエツー(スン・リー)に助けられる…

久々の弁髪に長衣。
やっぱりぴったり!
何てしっくり似合うんでしょうね。何の違和感もなく、一番似合う服装だと思います。
ジェット・リーのためにあるデザインと言っても過言ではない!
ドラゴンボール好きとしては「天下一武道会」は嬉しかった(笑)し、ジェット・リーの大人の魅力が染み出ていて見ごたえがある作品なんじゃないかな。
衣装がHEROと同じワダ・エミさんなのも、ジェット・リーファンとしてはにやりとしてしまいますね。

笑顔も良いんです。
素敵ないつもの笑顔。
でも、冒頭は傲慢な役なんだから、もっと不敵な笑みをして欲しかったな。
新たな魅力が出せる、絶好のチャンスだったのに。

自らの武術映画の集大成と謳っただけあって、どっしりと肝が据わっているというか、本当に完成系ですね。
渋く、美しくまとまっています。
やっぱりCG・ワイヤーを控えた本物のアクションは、見終わった後の後味が全然違います。清涼感があります。
アクション=暴力ではない!
血生臭くなく、ただただ美しく力強い。
でも、キス・オブ・ザ・ドラゴンほどの、血沸き肉踊る熱気みたいなものはなかったですね…それにとって代わったのが「渋み」なのかも。
う〜ん。これで、心に問いかけるアクション映画は撮らないのか…ものすごく残念…
あ。「アクション映画は撮らない」っていうのは、あくまでも武術の真髄を語る(力は誇示するものではなく、自らを高めるためという意味)作品はもう出る必要はない、ということで、これで引退ってわけではないんですって。念のため。

外国映画に出る外国人は変。
昔ほどではないけど、まだどこか、違和感ないですか?中国語に混じって日本語が聞こえるからなのかなぁ?
日本人は、中国人やアメリカ人にあんなせこせこしている風に映るのか(汗)
その恥を塗り替えてくれるのが中村獅童演じる田中。なかなか渋く立ち回ってますね。アクションは、魅せ方は上手いんでしょうね。…あんまり色々言いたくないのは、色々な事情から仕方ないと思って下され(汗)

試合で毒殺されてしまうのですが、これは俗説らしいですね。

Wikipediaより】霍元甲については、日本人武術家との試合に勝ったことで怨みを持たれ、毒殺されたとの逸話が広く知られているが、これは全くの俗説である。
霍の親族や現存する弟子たちの証言によると、この試合はあくまでも友好的なもので過激な内容ではなく、霍は持病の肝硬変により死亡したと証言されている。

…こういう史実って調べると面白いけど、映画に深く感動したり共感した後に知ると、微妙って言うか軽くショック。
そうなのかー。
フィクションだもんねー。
それを言ったらHEROなんてフィクション過ぎじゃん。
…でも、HEROはフィクション過ぎて有りって言うか。全然別の、ファンタジーになってますもんね。だからSPIRITほどショックはないんだろうな。
ウーミンは空想の人だけど、ユァンジャは実在の人物。実在するユァンジャにハマりすぎだから、きっとショックなんだろうな。
ユァンジャの親族に映画が訴えられてたとかいう記事も見つけちゃったし。…もう調べるのよそうっと。

ラストのあのぼかし方は嫌いじゃないけど…
満身創痍になりながらも、安息の場所である、健気に待つユエツーの元に帰って、心からの笑顔で眠りについて欲しかったな…

Copyright (C) 連杰迷的書 All rights reserved.

ページの終わりです。
ページの本文へ
ページの先頭へ

ジェット・リーのプロフィールについて
ジェット・リー主演の映画のレビュー
メール
このサイトについて
SEOツール