Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/jetfanbook/www/jetsite/admin/description.php on line 2
キス・オブ・ザ・ドラゴン レビュー | 連杰迷的書 | 连杰迷的书

ページの先頭です。
ページの本文へ

ページの本文です。
ページの先頭へ

ジェット・リー主演映画のレビュー | キス・オブ・ザ・ドラゴン

多くのファンを獲得した、ジェット・リーの魅力あふれる映画です。

キス・オブ・ザ・ドラゴン/Kiss Of The Dragon

製作
2001年/フランス&アメリカ
ジェットの役
リュウ/捜査官
あらすじ
捜査のため、中国からパリに来た捜査官リュウ(ジェット・リー)は、麻薬密売をしている中国人ギャングの逮捕のため、地元警察と共同捜査を行う。
しかし、リチャード警部(チェッキー・カリョ)の策略にはめられ、追われる身になってしまう。
中国へ帰ろうと奮闘するなか、娼婦ジェシカ(ブリジット・フォンダ)と出会い、身の潔白を証明する手掛かりを得る…
イラストを見てみる

初めて観たジェット・リー主演映画です。
ケーブルテレビで放送されたものの見る気が起こらず、でも何となく撮りだめしていたビデオで観ました。
管理人は、ファンタジー好きなのですよ。
「キス・オブ・ザ・ドラゴン」、タイトルから、ドラゴンが人間に恋をして、人間に変身して人里に下りてくる、みたいなイメージが沸いたんですよ。「大外れ」でもあり、ある意味「大当たり」だったわけです。
観た後、公開に合わせて来日していたことを知って、物凄く後悔しましたよ。予告を見た記憶があったので余計に。

多くのファンが「落ちた」作品なんですねぇ。無理もありませんて。
とにかくかっこいいんですよ!
男前なんですよ!
でもってストイックでシャイで、寡黙で優しいなんて。卑怯なまでにジェットの魅力を引き出しちゃってますよ!
リュック・ベッソン凄い!

リュウはあまり微笑みません。
役やストーリーからしたら違和感ないですが、それがちょっと残念かな。
まぁ、満面の笑みは良いのですが、ラストのハニカミ笑顔もやっぱり素敵です(あ、こっちが元祖じゃん!)

余計なワイヤーアクションに頼らない、リアルな生身のアクションが見ものです(変な意味ではない)
ってか、動きが俊敏すぎて、初めて見たときは只々驚きでした。
こんなに速く、しかも美しく闘う姿にうっとり(というか、むしろ凝視)しちゃいますよ。
ホテルから逃げ出すまでの冒頭部分で魅了されました。
武器である針も、そこここで小道具としてうまく使われてたりして良いです。
大勢相手に2本の棍で闘う姿もすばらしい。思わず息止めちゃうくらい、手に汗握ります。

ジェシカも良い味出してます。
リュウ相手に妙に肝が据わってるときと、リチャード警部相手に怯えているときのギャップが可愛らしい。
母親の顔を覗かせるときの不器用さも。
離れ離れになった経緯はともかく、娘を想う姿はいじらしいのにやはり強いと言うか。

ストーリーは結構めちゃくちゃですよね…フランスが色んな意味で怖くなる(笑)
警察の無茶っぷりといったらもう。
それ以前に本当にこいつらは警察か?と疑問符だらけです。みんな悪人顔だし…
だって〜、リチャード警部の登場シーンからしてリンチから始まるんだもの(汗)
前情報なしで映画を観たい派なので、警部と名乗ったときは「この嘘は何の伏線だ?」と素で思ったくらいです。
張り込み中のホテルでマシンガンをぶっ放すわ手榴弾投げるわ、挙句の果てに、夜中とは言え「俺がこの手で殺す!」なんて叫ぶし。
しかも終盤の、リチャード警部のあのダサいベストは何?!それまでの渋いスーツで通して頼むから(泣)
でも、だからこそリュウの魅力が引き立つんでしょうねぇ。
全体のバランスが良いし、悪くはないと思います。

結構、突っ込み所が満載なんですけどね。
やっぱりジェットが素敵だから観ちゃうんですよ。
人に薦めるときはこの「キスドラ」か「ターゲット・ブルー」ですね。
…ジェット・リーのプロモーションビデオですから(笑)
イラストを見てみる

Copyright (C) 連杰迷的書 All rights reserved.

ページの終わりです。
ページの本文へ
ページの先頭へ

ジェット・リーのプロフィールについて
ジェット・リー主演の映画のレビュー
メール
このサイトについて
SEOツール