Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/jetfanbook/www/jetsite/admin/description.php on line 2
英雄/HERO レビュー | 連杰迷的書 | 连杰迷的书

ページの先頭です。
ページの本文へ

ページの本文です。
ページの先頭へ

ジェット・リー主演映画のレビュー | 英雄 HERO

高潔な登場人物たちに心があらわれるようです。

英雄/HERO

製作
2002年/香港
ジェットの役
無名(ウーミン)/秦の役人
あらすじ
ウーミン(ジェット・リー)は、秦王(チェン・ダオミン)を狙う趙国の3人の刺客、長空(チャンコン/ドニー・イェン)、残剣(ツァンジェン/トニー・レオン)、飛雪(フェイシエ/マギー・チャン)を倒した功績で謁見を許された。
褒美を賜り、刺客を倒した経緯を語るウーミンだが、秦王はウーミンの話の「裏」を悟ってしまう…
イラストを見てみる
イラスト「最期」を見てみる

あるお方のお陰で、ジャパンプレミアで見ることができました。感謝!
渋いです。とっても。
髪型も衣装も、べん髪と長袍姿と同じくらい、ジェット・リーにしっくり合ってます。
静の演技と表情が爽やかで、切ないくらいです。映像も音楽も、人の心も清らかで美しい。心が洗われるようです。
ワダ・エミさんの衣装も、無駄に主張することなくそつなく質素な華を添えています。

残念ながら一切微笑みません。
しょうがないですね、キャラ的に。
逆に、微笑んだら貫禄なしで、違和感ありまくりですね。

ワイヤーアクションバリバリですね。
地に足の着いたアクションが好みなので、ちょっと好きじゃないかな…
でも、とても美しい魅せ方だと思います。
ウーミンは、作中ではあまり強くない設定なので仕方がないのですが、そういう意味で物足りないです。
でも、ウーミンはチャンコンよりは強いと思うな。
槍の使い手と剣で互角以上に戦うのには、3倍以上の技量が必要らしいですから(Byバトル漫画の知識)

秦王にとって初めての知己はツァンジェンですが、実はウーミンもそうなんですよね。仇討ちのため、憎い秦国の民の衣装に身を包み自分を辱めてまで、単身乗り込んでくるような、向こう見ずで一本気な男を、秦王の性格からして気に入らないわけがない。
しかも、結局は自分の大望よりも、全ての人々の平和な暮らしを願って、犠牲となる大器。
秦王の涙は、今の今まで目の前にいた知己を失う悔しさと、その志を心に留め置く決意から流れたに違いないです。
気に入った人物を、選りによって自らの決断で失うことは、例えウーミンの願いだったとしても身を切られる思いだったでしょうね。
…史実の始皇帝は独裁者で暴君だったのは確からしいですが、歴史的に見て偉業を遂げたのも確かってことで。
そこら辺のギャップはHERO観るときは忘れましょう(笑)
キャラ的に、「HEROの始皇帝」は結構お気に入りです。

恋人同士の云々は…何かもー「勝手にやっとれ」的な目線です。
フェイシエはかたくな過ぎるし、ツァンジェンは言葉足りな過ぎでしょ。もっと話し合わんかい。
管理人はもともと恋愛モノを観ないからかも知れませんが、男女のすれ違いを描くにしては、2人とも年齢高すぎるよ。あのくらいの年だったら、もう少しお互いを思いやろうよー。
まぁ、フェイシエの恨みの深さがもっと描かれていたら、見方も違うんですけどね。

白黒ハッキリしないので、好みは逆に2分されるようですね。管理人は10回以上観に行きましたが。
切ないけど、管理人は泣きません。ウーミンは納得して自分の最期を決めたから。
悲しさとは違うんですよ。高潔すぎて、頭が下がると言うか…
自分のためではなく、後々の人々の平和のために決断するウーミンは、悟りの境地にいるかのようにその表情には欲がなく、仏の如く映ります。

そこここで聞きますけど…この作品はそんなに分かりにくいですかねぇ?
嘘と想像と現実は、色やシーンで分けられているし、スジは通っているし。
分かりにくいのは、文化の違いの「自己犠牲の精神」だけだと思うんだけどなぁ。
分からないのは、分かり易すぎるハリウッド映画とかの観過ぎだからなのかなぁ?
イラストを見てみる
イラスト「最期」を見てみる

Copyright (C) 連杰迷的書 All rights reserved.

ページの終わりです。
ページの本文へ
ページの先頭へ

ジェット・リーのプロフィールについて
ジェット・リー主演の映画のレビュー
メール
このサイトについて
SEOツール